ウォーターサーバーのメリットとデメリットについて

震災のあとのウォーターサーバー人気

東日本を襲ったあの大震災のあと、ウォーターサーバーの人気が急上昇しました。
それは水の備蓄や福島の原発問題による水道水の放射能問題などが原因だったのでしょうか。
そしてコンビニでもミネラルウォーターがなくなりました。

ウォーターサーバーの水ボトルも勿論、消費期限はあります。
しかしある程度の期間の備蓄は可能です。
備蓄可能期間はメーカーによって異なりますが、少なくとも1~2ヶ月は問題なく使用出来ます。
水の備蓄をしていた場合、これは今回の災害時には大きな助けにもなったことでしょう。
またこの震災後にはウォーターサーバー自体、
従来の大きなものではなく小さ目のものが人気がありそうです。
例えば、コスモウォーターという業者が扱うサーバー等であれば、
大きさの小さいショートタイプのものが人気だそうです。

これは卓上クラスの大きさのものですが、地震の際であれば倒れるリスクも少ない、
そんなことを懸念する考えもあったからだと聞きます。

今回の震災では甚大な被害が出てしまいました。
教訓としていかすためにも、普段からの備えについて考えさせられるきっかけになりました。